スポンサードリンク

失業保険をもらうためには必ず面接を

ハローワーク失業保険をもらうために必要となるのが離職票というものです。退職した時に会社からもらうのですが直接行けない場合は郵送などでもかまいません。
ハローワークに行って求職の申し込みを行ったあとに離職票などを提出し受給資格があるのかないのかを判断されます。ここで受給資格がある場合に雇用保険受給者初回説明会という説明会の日時が知らされます。初回説明会には必ず出席する必要がありあらかじめ渡されている雇用保険受給資格者のしおりと印鑑、筆記用具をもっていききちんと説明を聞いて間違わないように自分で把握します。説明会では雇用保険受給資格者証、失業認定申告書が配られて一回目の失業認定日が決まることになります。

求職活動を行うのは必須

ハローワーク失業保険は会社都合の場合だと1週間程度で手当てが金融機関に振り込まれますが自己都合の場合だとすぐにではなく待機期間7日と行われますが必ず指定された日時にハローワークに行って現在失業状態にあるか求職活動をおこなったかなどを報告する必要があります。
特別な理由を除いて認定日に行かないと給付はされないので間違えたりはできません。求職活動はハローワークにあるパソコンで求人検索を行ったり窓口での相談なども可能で相談した後にに印鑑を押してくれます。
認定日までは決まった回数の求職活動をおこなう必要があり積極的に就職活動をおこなっている人に支援するという保険なのでただお金が欲しいだけで何も活動しない人には給付はされませんので注意してください。

教育訓練を行えば給付金も

ハローワーク失業保険がでる以外にもハローワークでは求人や賃金などのほか、情報提供セミナの開催もしています。また資格などを身につけるための訓練コースや教育訓練給付、雇用促進給付、求職者給付、就業促進給付などをおこなって求職者を支援しています。これらの給付金のおかげで次の職が見つかるまでの間も困らないで生活することが可能となります。会社を退職したらすぐに手続きをとることをおすすめします。手続きが遅くなってしまうとお金が手元に入るまでに時間がかかってしまうので生活が苦しくなってしまいます。
ハローワーク失業保険だけに頼るのではなく早めの就職で安定した生活を送るようにしましょう。何かわからない事や相談したいことがあった場合はすぐにハローワークに行って解決していくのが安心できます。ハローワークは各地域にあるので利用しやすくなっています。

ハローワーク失業保険